法務部の仕事と役割8 訴訟対応

法務部の仕事と役割8

法務部の仕事と役割について、ポイント形式で解説するコーナーです。第8回では、訴訟対応のポイントを解説致します。

訴訟対応

ポイント36.訴訟対応と法務部

民事裁判の結果は、企業に大きな影響を及ぼします。そのため、訴訟対応は、法務部の数ある業務の中でも、最も重要であるといってよいでしょう。法務社員には、いざというときに、弁護士と協力して、訴訟を行うことができるように、裁判手続の流れや関連する法律について、知識を持っておくことが求められます。

ポイント37.弁護士の選任

企業が、原告として訴訟を提起する場合や、訴訟を起こされて被告となった場合において、まず行わなければならないのが、訴訟代理人となる弁護士を選任することです。日頃から、顧問契約などを通じて、複数の弁護士と信頼関係を構築することで、事件の内容に応じ、最も適切な弁護士を選任できるようにしておくとよいでしょう。

ポイント38.訴訟書類の作成

民事裁判では、訴状、答弁書、準備書面などの書類に、自社の法的な主張を記載して、裁判所に提出します。法務部は、弁護士と協力して、事件に関する事実関係の調査や自社の主張の整理などを行い、訴訟書類の作成を進めていくことになります。また、裁判所に同行することが必要になる場合もあります。

ポイント39.証拠の収集

民事裁判では、当事者間に争いのある事実は、証拠によって判断されます。そのため、当事者は、自己の主張を裏付ける証拠を収集し、裁判所に提出しなければなりません。法務部は、弁護士と協力して、事件に関する文書や物品を用意したり、証人尋問の準備を行うなど、証拠の収集を進める必要があります。

ポイント40.判決後の手続

裁判の結果、自社が勝訴判決を得たにもかかわらず、相手が判決に従わない場合には、強制執行の手続をとることになります。反対に、自社が敗訴判決を受け、不服がある場合には、上訴の手続を行うかどうかを検討します。これらとは別に、紛争解決後に、再発防止策を講じることも法務部の重要な役割となるでしょう。

法務社員におすすめの研修テーマ

研修の特徴

  • 法務社員としての意識を高めます
  • 業務に必要な知識とスキルを身に付けます
  • 実務上、関心が高いテーマを取り上げます

ーお気軽にお問合わせくださいー

WEB: お問合わせフォームへ

研修プログラム(例)

※研修プログラムの内容の一例を、項目形式でご覧頂けます。
※実際の研修では、専用のテキストを使用して解説を行います。

  1. 法務社員の心構え
  2. 法務社員に必要な能力
  3. 戦略法務とM&A
  4. 契約交渉
  5. 契約書審査・作成
  6. 債権管理・回収
  7. 紛争解決
  8. 訴訟対応
  9. 知的財産の保護と活用
  10. 社員への法務教育

タイトルとURLをコピーしました