勉強術・学習法研修 目的・対象者・プログラム内容

勉強術・学習法研修

資格取得によるキャリアアップを目指す場合はもちろん、ビジネスの現場で活躍するためには、幅広い知識やスキルを身につけることが求められます。一方、勉強に充てることができる時間は限られているのが普通であることから、いかに効率的に勉強や学習を行うことができるかが重要となります。

目的・対象者・プログラム内容

研修の目的

勉強術・学習法研修では、知識、技術、心構えの3つの観点から、資格試験とビジネスの両方の場面で活用できる、実践的な勉強術・学習法を解説致します。

研修対象者

資格試験・昇進試験を受験する社員、新入社員、内定者、学生など

研修プログラム内容

ポイント1.膨大な知識を効率よく習得する

どのような勉強においても、一定の知識の暗記は避けて通れません。一方、単に知識を詰め込むだけでは、効率が悪い上に、長くは続きません。知識を効率よく習得するためは、まず、その分野全体の体系を身につけた上で、自分が今、どの部分を勉強しているのかを常に意識しながら、範囲を決めて、繰り返し学習することが有効となります。

ポイント2.試験に必要な技術を身につける

試験では、問題を制限時間内に正確に解くことが求められることから、出題形式に応じた試験の技術を研究し、身につけることが重要です。必要以上にテクニックに頼りすぎるのは禁物ですが、テクニックを軽視したり、嫌ったりすることも妥当ではありません。知識と技術の適切なバランスを保ちながら、総合的な実力を高めることが大切です。

ポイント3.モチベーションと集中力を高める

学習は、数年単位で継続しなければならないことも珍しくありません。長期間にわたってモチベーションを保つためには、自分自身の目標を常に持ち続けることが大切です。また、試験当日の緊張した状況下において、本来の実力を十分に発揮できるようにするためには、事前の十分な準備と、メンタル面でのトレーニングが不可欠となります。

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

タイトルとURLをコピーしました