ビジネス文書作成研修 目的・対象者・プログラム内容

ビジネス文書作成研修

ビジネスにおいて業務の多くの部分を占めるのがビジネス文書の作成です。社内における意思決定や社外との取引を円滑に進める上で、適切な文書を迅速に作成する技術は不可欠といえます。また、通常の文書に加えて、電子メールのようなツールについても理解を深めておくことが望ましいといえます。

目的・対象者・プログラム内容

研修の目的

ビジネス文書作成研修では、ビジネス文書の作成の基本、文書の種類ごとのポイント、さらに電子メールの書き方と注意点など、ビジネス文書の作成に関する知識を幅広く解説することを目的とします。

研修対象者

ビジネス文書作成のスキルを高めたい一般社員、新入社員など

研修プログラム内容

ポイント1.ビジネス文書作成の基本

ビジネス文書を作成する際には、まず、必要な内容を、簡潔かつ明確に伝えられるように、基本的な文章の書き方を身につけることが第一歩となります。また、どのような目的で文書を作成するのかや、誰が読み手となるのかを常に念頭におくことにより、ビジネスシーンに応じた適切な文書を作成することが可能になります。

ポイント2.ビジネス文書の種類

ビジネス文書には、数多くの種類がありますが、大きくは社内文書と社外文書に分けられます。社内文書には、報告書、企画書、議事録などがあり、社外文書には、各種の挨拶状のほか、見積書や発注書などの取引書類があります。それぞれの文書ごとに、一般的な形式や記載すべき事項、注意すべきポイントを押さえておくことが大切です。

ポイント3.電子メールの書き方と注意点

電子メールは、現代のビジネスにおいて不可欠のツールといえます。その反面で、電子メールには、内容が断片的で不明確になりやすい、第三者のチェックが及びにくい、送信・返信・転送の過程でミスが発生しやすいといったの特徴があります。そのため、通常のビジネス文書以上に、内容の明確さや正確さを意識することが必要となります。

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

タイトルとURLをコピーしました