アメリカ契約法研修 目的・対象者・プログラム内容

アメリカ契約法

アメリカ契約法研修

アメリカ契約法は、多くの国際取引や英文契約において重要な役割を果たしていますが、日本の契約法とは多くの点で異なっています。英文契約書の内容を真に理解し、ビジネスで使いこなすためには、背景にあるアメリカ契約法の体系や考え方を理解することが不可欠です。

目的・対象者・プログラム内容

研修の目的

アメリカ契約法研修では、アメリカ契約法の法源から、契約の成立と無効事由、契約違反と損害賠償まで、アメリカ契約法の理論とビジネス実務において問題となりやすいポイントを体系的に学習することを目的とします。

研修対象者

役員、総務・法務部門、営業部門の責任者、社員など

研修プログラム内容

ポイント1.アメリカ契約法の法源

アメリカ契約法では、伝統的なコモン・ロー (Common Law)が主な法源となっています。また、モデル法案として制定され、各州で採択された統一商事法典(UCC: Uniform Commercial Code)も存在しており、両者の適用関係を正しく理解しておく必要があります。また、代表的な判例やリステイトメント(Restatement of Contracts)についても理解を深めておくことが重要です。

ポイント2.契約の成立と無効事由

アメリカ契約法において、どのような場合に契約が成立するかについては、ビジネスの場面でも問題となります。申込(Offer)と承諾(Acceptance)に関する様々なルールを正確に理解しておく必要があります。さらに、契約紛争の予防の観点からは、錯誤(Mistake)や不当表示(Misrepresentation)などの無効事由や、詐欺防止法(Statute of frauds)についても知識を持っておくとよいでしょう。

ポイント3.契約違反と損害賠償

アメリカ契約法について、ビジネスの現場において大きな問題となるのが、契約違反をめぐるトラブルです履行期前の履行拒絶(Anticipatory Repudiation)、十分な履行の保証( Adequate Assurances)などの履行に関するルール、特定履行(Specific Performance)が認められる場合、履行利益(Expectation Damages)、間接損害(Consequential Damages)などの損害賠償に関する概念を理解しておくことが。

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

タイトルとURLをコピーしました