若手・新入社員向けビジネス法務研修 目的・対象者・プログラム内容

若手・新入社員向けビジネス法務研修

若手・新入社員は、社会人として最低限必要な法律やコンプライアンスを身に付ける必要があります。特に、ビジネスに必要となる法律や契約について、早い段階から基礎的な知識や考え方を身につけることは、将来にわたって大きなプラスとなるでしょう。さらに、デジタル世代である若手・新入社員は、情報セキュリティや知的財産に関する法律知識を身につけることにより、即戦力として活躍することが期待されます。

目的・対象者・プログラム内容

研修の目的

若手・新入社員向けビジネス法務研修では、上記のようなポイントも踏まえながら、若手・新入社員に必要となるビジネス法務の知識を分かりやすく解説致します。

研修対象者

若手社員、新入社員など

研修プログラム内容

ポイント1.社会人としての基礎

若手・新入社員には、まず社会人としての基礎を身に付けることが求められます。そのため、法律についても、社会人として最低限必要な知識を身に付けておくことが必要です。また、職場の内外におけるコンプライアンスについても、あらためて意識の徹底をはかることが大切です。

ポイント2.ビジネス法務の基礎

若手・新入社員を対象とした研修では、仕事の基礎知識を習得することが目的となります。ビジネスに必要となる法律や契約について、早い段階から基礎的な知識や考え方を身につけることは、若手社員や新入社員が、将来にわたって仕事を行っていく上でも、大きなプラスになります。

ポイント3.IT・情報分野での能力を伸ばす

若手・新入社員は、デジタル世代と言われ、インターネットを中心とする情報活用の分野で、高い能力を有していることが多くなっています。そのため、研修により、情報セキュリティや知的財産に関する法律知識を身につけることにより、これらの分野で即戦力として活躍することが期待できます。

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

お問合わせ

←階層別のビジネス法務研修へ

タイトルとURLをコピーしました