中間管理職向けビジネス法務研修 目的・対象者・プログラム内容

中間管理職向けビジネス法務研修

中間管理職は、現場の責任者として、自身の業務だけではなく、部下のマネジメントを行うことが求められます。そのため、法務の面においても、自身の業務に関する知識やスキルを高めることはもちろん、マネジメントに必要な知識やスキルを身に付けることが期待されます。また、現場で不正やハラスメントなどの行為が起きないようにコンプライアンスについても理解を深めておくことが大切です。

目的・対象者・プログラム内容

研修の目的

中間管理職向けビジネス法務研修では、上記のようなポイントも踏まえながら、中間管理職に必要となるビジネス法務の知識を分かりやすく解説致します。

研修対象者

課長、スーパーバイザー、店長、その他の中間管理職、これらの役職への就任予定者など

研修プログラム内容

ポイント1.ビジネス法務への深い理解

中間管理職は、現場の責任者として、自身の部門の業務に精通していなければなりません。そのため、ビジネス法務についても、一般の社員に比べて、より深い理解が求められます。また、自身の業務と関係が深い他部門の業務に関するビジネス法務についても、一定の知識を持っておくことが望ましいといえます。

ポイント2.マネジメントに必要なルール

中間管理職には、現場の責任者として業務や部下のマネジメントを行うことが求められます。そのため、取引などの業務のマネジメントに必要な契約法や下請法のルール、部下の管理に関する労働法のルール、これらに関連する社内規程などについて、十分に理解しておくことが重要です。

ポイント3.コンプライアンス

中間管理職には、コンプライアンスにおいても現場の責任者として重要な役割を果たすことが期待されます。自身が不正やハラスメントなどの行為を行うことがないようにすることはもちろん、現場でこれらの行為が起きないように健全な職場環境を維持するために必要な知識を身に付けておくことが大切です。

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

お問合わせ

←階層別のビジネス法務研修へ

タイトルとURLをコピーしました