中堅・一般社員向けビジネス法務研修 目的・対象者・プログラム内容

中堅・一般社員向けビジネス法務研修

中堅・一般社員は、一人前の社員として業務を行うことができるように、ビジネス面や技術面に加えて、法務面についても実践的な知識とスキルを身に付けておくことが重要です。また、キャリア形成の面からも、ビジネス法務についてさらなるスキルアップを図るとよいでしょう。さらに、将来の管理職候補として、マネジメントやコンプライアンスに関する知識も、積極的に学んでおくことが望ましいといえます。

目的・対象者・プログラム内容

研修の目的

中堅・一般社員向けビジネス法務研修では、上記のようなポイントも踏まえながら、中堅・一般社員に必要となるビジネス法務の知識を分かりやすく解説致します。

研修対象者

中堅社員、一般社員など

研修プログラム内容

ポイント1.ビジネス法務への理解

中堅・一般社員には、一人前の社員として現場の最前線で活躍することが求められます。そのため、自身の業務についてビジネス面や技術面など加えて、法律面からも分析や処理を行うことができるように、業務に関連する法令の知識を身に付けた上で、実際に活用できるようにしておくことが重要です。

ポイント2.スキルアップ

中堅・一般社員には、既に業務に必要な一通りの知識や経験を有するとともに、将来のキャリア形成に向けてスキルアップをはかることが期待されます。攻めのスキルである交渉力やプレゼン力などの各種のビジネススキルに加えて、守りのスキルであるビジネス法務のスキルも身に付けておくとよいでしょう。

ポイント3.マネジメントとコンプライアンス

中堅・一般社員には、自身の仕事をこなすだけでなく、若手・新入社員を指導・教育することや、管理職を補佐することが期待されます。そのため、将来の管理職候補として、マネジメントやコンプライアンスに関するビジネス法務の知識も、積極的に学ぶようにするとよいでしょう。

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

お問合わせ

←階層別のビジネス法務研修へ

タイトルとURLをコピーしました