法令リサーチ研修 目的・対象者・プログラム内容

法令リサーチ研修

法令リサーチは、ビジネス法務において最も基本となる業務です。リサーチが不正確・不十分なものであると、その後の分析や戦略の立案に影響を与えてしまうため、極めて重要な業務であると言えます。

リサーチにあたっては目的を明確にした上で、各種のツールを十分に活用することが必要です。

目的・対象者・プログラム内容

研修の目的

法令リサーチ研修では、法令、判例、その他の法律文献などについて、十分に使いこなせるようになるために、基礎となる知識やリサーチ方法を解説致します。

研修対象者

役員、総務・法務部門、営業部門の責任者、社員など。

ポイント1.法令とそのリサーチ方法

法令には様々な種類があります。法律、命令、政令、内閣府令、省令、規則、条例などの意味を正確に理解した上で、それぞれのリサーチ方法について知っておく必要があります。また、新法の制定・公布・施行、法改正などに関する情報についても、押さえておくことが求められます。

ポイント2.判例とそのリサーチ方法

法令と並んで重要になるのが判例のリサーチです。裁判所の種類や組織、刑事訴訟・民事訴訟・行政訴訟などの手続の違いを理解した上で、判例の形式、読み方、射程などについて知っておく必要があります。また、判例集の種類、判例雑誌や判例リサーチツールの活用などについても、合わせて押さえておくとよいでしょう。

ポイント3.法律文献とそのリサーチ方法

法令や判例以外の法律文献についてもリサーチが必要となる場合があります。外部のデータベースや図書館の活用なども含めて、リサーチ方法を確立・効率化しておくことが大切です。また、法律関係の書籍や論文には大部で難解なものも多いため、十分に使いこなせるように日頃からトレーニングを積んでおくとよいでしょう。

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

お問合わせ

←総務・法務分野のビジネス法務研修へ

タイトルとURLをコピーしました