会社法研修 目的・対象者・プログラム内容

会社法研修

会社法は、会社の設立、組織、運営及び管理について定める法律です。会社法は条文数が膨大であり、日常の業務の中で体系的に学ぶ機会は少ないのが現状ですが、役員や法務社員はもちろん、すべてのビジネスマンにとって、会社法の知識は必須のものであるといえるでしょう。

目的・対象者・プログラム内容

研修の目的

会社法研修では、会社法の中でも重要性が高い株式、株主総会・役員、組織再編等に関するルールを中心に、会社法の全体像を分かりやすく解説することを目的とします。

研修対象者

役員、総務・法務部門の責任者、社員など

研修プログラム内容

ポイント1.株式に関するルール

株式は、株式会社における出資者である株主の地位を細分化したものであり、株主の権利・義務、株式の種類などは会社法によって定められています。株式管理を行う上では、株式名簿や株式の譲渡などの規定を理解する必要があり、また、資金調達との関係では、株式の取得、募集株式の発行、新株予約権などの規定が重要となります。

ポイント2.株主総会・役員に関するルール

株主総会は株主が会社の基本的な意思決定を行う機関であり、株主総会の権限、招集手続、議事運営、議案の提案と決議に関する法的なルールを理解しておくことが重要です。また、取締役や監査役などの役員の選任手続や権限、株主に対する責任等についても、会社法の規定を正しく知っておくことが必要です。

ポイント3.組織再編に関するルール

会社法には、事業譲渡、合併、会社分割、株式交換、株式移転などについて詳細な規定が置かれており、近年、M&Aが活発に行われる中でこれらの規定の重要性が高まっているといえます。このような会社法上の組織再編の手法について、それぞれの手続の違いや、メリットとデメリットを押さえておくことが大切です。

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

タイトルとURLをコピーしました