医薬品・医療機器業界の法務社員研修 目的・対象者・プログラム内容

医薬品・医療機器業界の法務社員研修

医薬品・医療機器業界では、研究開発に長い時間と莫大な投資が必要となることから、知的財産の保護と活用が重要な課題となります。また、医療関係者や公務員との関係や個人情報の保護などのコンプライアンスを徹底することが求められます。さらに、国際的な規模で業界再編が進んでおり、クロスボーダーのM&Aや競争法にも理解を深めておく必要があります。

目的・対象者・プログラム内容

研修の目的

医薬品・医療機器業界の法務社員研修では、上記のような医薬品・医療機器業界の特色を踏まえて、法務社員に必要とされる知識やスキルについて解説するとともに、組織としてのレベルアップをはかることを目的とします。

研修対象者

製薬・医薬品卸・医療機器メーカーの法務責任者、法務担当者など

研修プログラム内容

ポイント1.知的財産の保護と活用

研究開発に長い時間と莫大な投資が必要となる医薬品・医療機器業界においては、知的財産の保護と活用が重要となります。特許権、商標権、営業秘密等の知的財産制度について十分な理解を持った上で、共同開発契約やライセンス契約等を戦略的に活用していくことが大切です。また、知的財産紛争が発生した場合の対応についても、理解を深めておくとよいでしょう。

ポイント2.コンプライアンス対応

医薬品・医療機器業界は、特にコンプラインスが強く求められる業界であるといえます。製品のプロモーションや講演会等における医療従事者や公務員との関係にについては、関連するルールを遵守する必要があります。また、医薬品・医療機器業界では、デリケートな個人情報を取り扱う機会が多いため、個人情報の分野においても徹底したコンプライアンス体制の確立が必要です。

ポイント3.M&A・競争法

近年、医薬品・医療機器業界では、国際的な規模で業界再編が進んでおり、クロスボーダーのM&Aが活発に行われています。M&Aにあたっては、自社の目的を明確にした上で、各スキームのメリットとデメリットを踏まえて、戦略を立案することになります。また、競争法についても、各国の合併届出の基準や手続を踏まえた上で、M&Aのスケジュールを立案することが必要となります。

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

タイトルとURLをコピーしました