メンタルヘルス研修 目的・対象者・プログラム内容

メンタルヘルス研修

メンタルヘルスとは、精神面の健康のことをいいます。近年では、経済情勢や競争環境をめぐる変化により、企業の社員はストレスや不安にさらされやすくなっているといえます。職場におけるうつ病や過労死の発生を未然に防止するためにも、メンタルヘルスの確保は、企業にとって重要な課題となります。

目的・対象者・プログラム内容

研修の目的

メンタルヘルス研修では、従業員に対する会社の安全配慮義務や、過労死をめぐる過去の裁判例などにもふれながら、職場におけるメンタルヘルスと、企業が行うべき取り組みについて解説致します。

研修対象者

役員、管理職、一般社員、新入社員など

研修プログラム内容

ポイント1.メンタルヘルスへの理解を深める

職場におけるメンタルヘルスを確保するためには、従業員一人一人がメンタルヘルスについて理解を深めることが大切です。メンタルヘルスとは何か、どのような場合に心身の健康を損なってしまいやすいか、また、それを予防するためには、どのようなことを心掛ければよいかなどについて学び、生活や仕事に活かしていくことが大切です

ポイント2.社員が安心して働ける環境を作る

従業員が健康に働くことができる職場環境をつくるためには、従業員個人だけではなく、職場単位や企業全体での取り組みが必要でます。セクハラ・パワハラなどの問題や、職場の人間関係をめぐるトラブルが発生することがないようにするのはもちろん、特定の社員に過度な仕事の負担が集中しないような組織づくりを行うことが求められます。

ポイント3.社員が相談できる体制を整備する

過去に起こった過労死の事件では、従業員が誰にも相談できないまま仕事の悩みを抱え込んだり、従業員からの相談に対する会社の対応が不十分であったケースが見られます。特に、中間管理職や若手社員などには過大な負担がかかりやすいことから、仕事や職場に関する悩みを相談できる窓口を設けるなどの体制の整備が必要です。

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

タイトルとURLをコピーしました