ロジカルシンキング研修 目的・対象者・プログラム内容

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキングとは、論理思考や論理的思考力と訳されることもあり、近年、ビジネスマンにとって重要なスキルとして注目を集めています。ロジカルシンキングは、情報の整理や問題の分析、解決方法の発見などの場面において用いられ、企業の幅広い業務に応用することができます。

目的・対象者・プログラム内容

研修の目的

ロジカルシンキング研修では、特定のコンサルティングツールではなく、より一般的な観点から、ロジカルシンキングの概念、手法、 ビジネスへの応用を解説することを目的とします。

研修対象者

ロジカルシンキングを身につけたい役員、管理職、一般社員など

研修プログラム内容

ポイント1.ロジカルシンキングの概念

ロジカルシンキングは、様々な意味を持つ概念です。論理思考や論理的思考力と訳されることもあり、一般的な指針や思考方法を指すこともあれば、特定のツールや手法を指す場合もあります。また、ロジカルシンキングに関連する概念やキーワードについても、理解しておくことが必要となります。

ポイント2.ロジカルシンキングの手法

ロジカルシンキングは、情報の整理や問題の分析、解決方法の発見などの場面において用いられることが一般的であり、そのための様々なツールや手法が存在しています。特に、ツリーやフレームワークを用いることは、膨大な情報や複雑な問題を理解したり、説得的な解決方法を示す上で有用となります。

ポイント3.ロジカルシンキングの応用

ロジカルシンキングは、企画立案の他、交渉、説得、文書作成など、企業における幅広い業務に応用することができます。特に、日常的にこれらの業務に携わることが多く、論理的な思考が求められる総務や法務などの部門では必須のスキルといえ、ロジカルシンキングの技術は、今後、ますます重要になっていくと予想されます。

お問合わせ

上記の研修プログラム内容の詳細、講師、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

タイトルとURLをコピーしました