労働基準法に関する実務のポイント

労働基準法研修
 Labour Standards Law

労働基準法研修

労働基準法のスキルアップ研修

研修の目的

労働法の中でも、最も要となる法律が労働基準法です。労働基準法は、使用者と労働者の関係について基本的な ルールを定めており、労働基準法の内容を正しく理解し、遵守することは、コンプライアンスや労働紛争の予防の観 点からも極めて重要となります。

この研修では、労働基準法の原則、採用・解雇、賃金と労働時間等に関するルールに加えて、労働基準法の関連 法令と監督機関まで、総合的に解説致します。

研修対象者

役員、管理職、人事・労務部門の社員など

法務部・人事部研修参加者

研修のポイント

ポイント1.労働基準法の原則と採用・解雇のルール

労働基準法は、均等待遇の原則や男女同一賃金原則などの基本的 な原則を定めています。また、採用の際の労働条件の明示義務や解 雇の予告義務などのルールを定めています。さらに、採用や解雇に ついては、労働契約法や判例によっても様々なルールが定められて おり、これらを統一的に理解することが大切です。

ポイント2.賃金と労働時間等に関するルール

労働基準法には、賃金の支払いを確保するためのルールが定められ ています。また、労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇についても 詳細な規定が置かれており、特に変形労働時間制や三六協定、時間 外・休日・深夜労働の割増賃金等について正しく理解することは、コン プライアンスや紛争予防の観点からも重要となります。

ポイント3.関連法令と監督機関

労働基準法に関連する法令には、最低賃金法、労働安全衛生法、育 児・介護休業法などがあり、労働基準法の関連規定と合わせてこれら の法律も法律を理解しておくことが必要です。また、厚生労働省、都 道府県労働局、労働基準監督署、裁判所など、労働基準法の運用に 関係する機関について理解しておくことも必要です。

←労働法研修へ

就業規則作成・変更研修へ→