採用担当者向け人事労務に関する実務のポイント

法務部・人事部研修  >  

人事・労務分野の研修・セミナー  >  

管理職向け人事労務研修

採用担当者向け研修
 Recruiter

採用担当者向け研修

採用担当者向けのスキルアップ研修

研修の目的

採用は、人事労務の中でも、特別な仕事であるといえます。優秀な人材を見極めて採用するためには、採用担当者 自身のレベルアップをはかることが必要です。また、採用担当者は、応募者、学生、学校関係者など、社外の人間と 接する機会が多く、企業を代表しているという高い意識が求められます。

この研修では、採用担当者の役割から、採用面接における注意点、採用をめぐるトラブルの予防まで、企業の採用 担当者として押さえておきたい知識を、幅広く解説致します。

研修対象者

採用担当者、広報担当者など

法務部・人事部研修講師

研修のポイント

ポイント1.採用担当者の役割

採用担当者は、学生や学校関係者への企業のアピールから、応募者 の書類選考、採用面接の実施、採用の決定まで、一連の採用手続に おいて中心的な役割を果たします。採用担当者の印象によって、学生 や応募者のその企業に対するイメージが決まってしまうことも珍しくな く、採用担当者には人間的な魅力と高い倫理観が求められます。

ポイント2.採用面接における注意点

採用面接は、採用担当者の最大の仕事です。候補者の能力や人柄を 見極めることはもちろん、常に自分が企業を代表しているという意識 を持って面接に臨むことが大切です。特に、本人に責任のない事項や 本来自由であるべき事項について質問したり、暴言やセクハラなどの 不適切な発言をすることは、厳に慎まなければなりません。

ポイント3.採用をめぐるトラブルの予防

採用段階におけるトラブルとしては、内定取消しや試用期間終了後の 不採用などがあります。現在の新卒一括採用の慣習のもとでは、内定 取消しは、採用予定者にとって死活問題であり、深刻な紛争に発展し やすいといえます。採用担当者は、内定や試用期間に関する法律や 判例のルールを学んだ上で、紛争の防止をはかることが大切です。

←役員向け労務管理研修へ

労働法研修へ→