債権回収法に関する実務のポイント

債権回収法研修
 Accounts Receivable

債権回収法研修

債権回収法のスキルアップ研修

研修の目的

売掛金をはじめとする債権の確実な回収は、企業にとって重要な課題です。近年では、経済状況の影響によって、 取引先が売掛金を支払えなくなったり、倒産してしまうケースも数多く見られます。可能な限り債権の回収をはかり、 損失を最小限に食い止めるためにも、債権管理・回収の知識を有しておくことは極めて重要です。

この研修では、平常時の債権管理の在り方から、債権回収に関する法律上の制度や手法、倒産手続の概要まで、 債権管理・回収に関する基礎的な知識を幅広く解説することを目的とします。

研修対象者

総務・法務部門、営業部門の責任者、社員など

法務部・人事部研修内容

研修のポイント

ポイント1.債権管理体制の構築

企業には、売掛金、売買代金、請負代金など様々な債権が日々発生 します。これらの債権の確実な回収のためには、適切な与信管理を 行うことはもちろん、契約書や納品書等の取引書類の管理を徹底し、 十分な債権管理の体制を構築することが重要です。また、一定期間 行使しなかった債権が消滅する消滅時効にも注意が必要です。

ポイント2.債権回収の法的手段

債権回収には、様々な法律上の制度が存在します。抵当権や保証に よる債権の担保のほか、相殺や債権譲渡なども、簡易な債権回収の 手法として活用されています。さらに、債権者代位権や詐害行為取消 権といった制度もあります。また、訴訟によって債権回収を行う場合 には、保全や強制執行などの手続も検討する必要があるでしょう。

ポイント3.倒産法と倒産手続の基礎

企業にとって、取引先の倒産は、いつ起こってもおかしくありません。 倒産手続には、破産や特別清算など、債務者の財産を清算し債権者 に配分する清算型手続と、民事再生や会社更生など、債務者の事業 の再生・維持を図る再生型手続があります。債権者は、それぞれの 手続の流れや違いを理解した上で、適切に対応する必要があります。

←会社法研修へ

不動産法研修へ→