情報管理・整理力養成・強化のポイント

法務部・人事部研修  >  

基礎・一般分野の研修・セミナー  >  

情報管理・整理法研修

情報管理・整理法研修
 Infomation Management

情報管理・整理法研修

情報管理・整理法のスキルアップ研修

研修の目的

仕事をしていると、毎日、多くの書類や電子データなどの情報が増えていきます。業務の効率化をはかるためには、 必要な情報がすぐに取り出せるように整理を行う必要があります。また、情報の漏えいや紛失にも注意しなければ ならず、特に個人情報や営業秘密については徹底した管理が求められます。

この研修では、膨大な情報を分類・体系化する技術から、情報の保管・廃棄のルール、情報の漏えいや紛失の防止 まで、情報の管理と整理法に関する知識を幅広く解説致します。

研修対象者

情報管理・整理法を身につけたい役員、管理職、一般社員など

法務部・人事部研修参加者

研修のポイント

ポイント1.分類・体系化の技術

膨大な文書や情報を効率的に整理するためには、分類と体系化を行 うことが不可欠になります。文書やデータファイルに統一的な名称を 付した上で、時系列や内容別などの順番に整理することが基本となり ます。自分の業務内容に適合するように、様々な要素を組み合わせ て、分類と体系化の技術を確立するとよいでしょう。

ポイント2.保管・廃棄のルール

重要な情報を誤って廃棄してしまったり、逆に、膨大な書類の山に埋 もれてしまったりするような事態を防ぎ、業務の効率化をはかるため には、書類・情報の保管や廃棄についてもルールを整備しておく必要 があります。法律上の義務や消滅時効等の制度にも留意した上で、 適切なルールを定め、個々の社員に徹底することが大切です。

ポイント3.情報管理の徹底

情報管理・整理には、業務の効率化に加えて、情報・文書の漏えいや 紛失、改ざんを防止するという目的があります。特に、個人情報の保 護に関するルールや、営業秘密としての保護を受けるためのポイント については、法律の規定を踏まえた上で、それらを物理的な情報管 理体制にも反映していくことが大切になります。

←戦略的思考力研修へ

タイムマネジメント研修へ→