戦略的思考力養成・強化のポイント

戦略的思考力研修
 Strategic Thinking

戦略的思考力研修

戦略的思考力のスキルアップ研修

研修の目的

戦略的思考力は、経営戦略を立案する際はもちろん、ビジネスの様々な場面で必要とされます。企業では、役職が 上になり、経営に関与する度合が増えるにつれて、戦略的思考力が必要とされます。そのため、役員や幹部候補の 社員は、早い段階から、戦略的思考力を身につけることが不可欠です。

この研修では、戦略の基本的な概念から、戦略に関する理論と著作や、戦略の実務への応用まで、戦略的思考力 を身につけるために必要となるポイントを幅広く解説致します。

研修対象者

戦略的思考力を身につけたい役員、管理職、一般社員など

法務部・人事部研修内容

研修のポイント

ポイント1.戦略の概念を理解する

「戦略」という言葉には、様々な定義がありますが、最も一般的には、 特定の目的を達成するために、資源や手段などを分配・運用すること を意味すると考えると分かりやすいでしょう。また、「戦略」とその下位 概念である「戦術」の区別や、両者の具体的な違いについて知ること も、「戦略」の概念を正確に理解する上でのポイントとなります。

ポイント2.戦略論の名著を学ぶ

戦略論には、古典と言われる名著が存在します。戦略が、主に軍事の 分野で発展してきたことから、これらの著作には、本来は軍事戦略に ついて書かれたものも数多く含まれています。戦略論を学ぶ際には、 まず、これらの著作が書かれた時代の歴史的な背景を踏まえた上で、 その内容をありのままの姿で正確に理解することが大切です。

ポイント3.戦略を実務に応用する

戦略の基本的な概念や、戦略論についての理解を深めた後は、その 次の段階として、戦略の実務への応用を行います。社員一人一人が 戦略的な思考法を身につけて、業務に活かすことができるようにする とともに、企業全体の経営戦略の立案にあたっても、戦略論の考え方 やフレームワークを有効に活用していくことが重要です。

←リーガルマインド研修へ

情報管理・整理法研修へ→